PR

ラティス・テクノロジー(本社東京)は、現実の工場内にある生産設備とコンピュータ上の3Dモデルを連携させるツール群を「FACTORY 2016 Fall」(2016年10月19~21日、東京ビッグサイト)に出展した。同社が開発した軽量3Dデータ形式「XVL」を使ったツールで、既存設備の形状や位置の情報を取り込んだり、ロボットなどを制御するコントローラーと接続したりできる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い