PR

米3D Systems社の日本法人であるスリーディー・システムズ・ジャパン(本社東京)は、3Dプリンターの活用範囲を従来の試作・設計から製造、検査、保守へと拡大するソリューションを「FACTORY 2016 Fall」(2016年10月19~21日、東京ビッグサイト)で展示した。3Dプリンターの装置本体だけでなく、3Dスキャナーや関連ソフトなど含めて製造業を中心としたユーザーの業務プロセスを支援する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料