PR

位相の遅れから距離を算出


 Intersil社が各種性能を達成するためにISL29501に採用したのが、出射光と反射光の位相差から対象物との距離を測る技術である。光源からパルス状の赤外光を発すると、その赤外光は対象物に反射されてフォトダイオードで検出される段階でパルスの位相が遅れるので、IC内のDSPを使って出射光および受信光のパルス信号を処理して距離を導出する。
位相差から導出する仕組み(Intersil社のプレゼンテーション資料より)
位相差から導出する仕組み(Intersil社のプレゼンテーション資料より)

 位相差から測距する技術の歴史は古く、Intersil社だけが利用する訳ではない。だが、この測距技術を「小さいパッケージ寸法、低い消費電力で実現したのは我々だけだ」(同社Sr. Product Marketing Manager, Consumer Products GroupのNaresh Bellipady Shetty氏)とする。