PR

「工場の柔軟性を高めたい顧客に対しては、クラウド型IoT基盤を提案していく」――。ドイツSiemens社取締役のKlaus Helmrich氏は「SPS IPC Drives 2016」(2016年11月22~24日、ドイツ・ニュルンベルク)で開いた記者会見において、同社のクラウド型IoT基盤「MindSphere」を強化する方針を示した。既にMindSphereを活用して生産性向上を実現した事例が現れ始めているという。MindSphereは、ドイツSAP社の「SAP HANA cloud platform」をベースとする製造業向けクラウド型IoT基盤。MindSphereでは、Siemens社やサードパーティー企業が開発したさまざまなアプリケーション(MindApps)が利用できるようになっており、スマート工場の実現を目指すエンドユーザーやそれを支援するシステムインテグレーターが多様な機能を手軽に取り込める。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス
IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

IoTを知らずにこれからのビジネスはできない「IoT」の全てを網羅した決定版!

本書は「IoT」とは何かについて、基礎から体系的に学べる唯一の書です。IoT分野で使われる用語を網羅し、定義はもちろん、図版や事例を多用しつつ分かりやすく解説しました。

詳細はこちら

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

ボッシュ自動車ハンドブック 日本語第4版

自動車技術を学ぶための最良の一冊!

豊富な図表により、難しい内容も理解しやすく構成。約6,000項目の詳細なインデックスで、知りたいことを一発検索。自動車業界で使用される欧文略語を巻末に掲載。

詳細はこちら