PR

 オーディオメーカーの米Bose社は、「International CES 2016」開催期間中にラスベガス市内の特別会場で、自動車メーカーや報道陣に向けた特別展示会を行った。会場内には、マツダ「ロードスター」、日産自動車「ジューク」、ドイツAudi社「A8」、米GM社「CADILLAC CT6」の4台が展示され、各モデルにはそれぞれの車格に合った新しいオーディオシステムが装着されていた。

 マツダ「ロードスター」には、Boseの自動車向け製品の主力である「Premium Series」を搭載した。シート上部の左右にスピーカーを埋め込み、幌の開閉にかかわらず同じ音質、同じ臨場感を味わえるシステムだという(図1、2)。

図1 2016年発売のマツダ「ロードスター」から、BOSEの音響システムを内蔵したシートがメーカーオプションで発売される
図1 2016年発売のマツダ「ロードスター」から、BOSEの音響システムを内蔵したシートがメーカーオプションで発売される
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Mazda_MX-5_perf_seatspeakers
図2 Mazda_MX-5_perf_seatspeakers
[画像のクリックで拡大表示]

 Audiの「A8」には、Premium Seriesよりも高性能化した「Performance Series」を搭載した。高い周波数成分の信号処理を工夫し、ライブコンサートに近い体感が得られるようにしたという。筆者の印象は、Premium Seriesより音像が全体的に滑らかに感じた。スピーカーには高級車に見合ったデザインを採用。近い将来、量産化の見込みだ。

 日産「ジューク」には、A/Bセグメント車を対象とした「Small Vehicle Series」を搭載した。これは、普段からBoseのヘッドセットやポータブルスピーカーを使っている若い世代のライフスタイルに合わせて設計したシステム。ここでも、ヘッドレストに埋め込んだスピーカーを活用している(図3)。

図3 A、Bセグメント車向けに開発中のスピーカーを装着したヘッドレスト。近く量産化の予定
図3 A、Bセグメント車向けに開発中のスピーカーを装着したヘッドレスト。近く量産化の予定
[画像のクリックで拡大表示]

 最上級の「Advanced Technology Series」は、米GMのCADILLACの新型セダン「CT6」向けで、34個のスピーカーを搭載した高級オーディオシステムである。

図4 Bose Corporation Automotive Systems担当のMarc Mansell 副社長
図4 Bose Corporation Automotive Systems担当のMarc Mansell 副社長
[画像のクリックで拡大表示]

 このように製品ラインアップの拡充を進めている理由について、Bose社のAutomotive Systems担当のMarc Mansell副社長は「クルマと消費者との関係が近年、変わり始めている。顧客の年齢層やライフスタイルを考慮して、クルマのオーディオシステムを新しく構築すべきだと考えた」と説明した(図4)。