PR

 パナソニックは多言語翻訳に用いる音声認識デバイスを試作し、米ラスベガスで開催中の「CES 2017」(一般公開日:2017年1月5~8日)に出展した。8個のマイクを円筒状の筐体の上部に実装したマイクアレーである。どの方向からの声でも認識し、翻訳できるようにした。

開発した多言語翻訳用マイクアレー
開発した多言語翻訳用マイクアレー
上部にある星のような印がマイクがある位置。計8個ある
[画像のクリックで拡大表示]

 CES 2017の同社ブースでは、中国語の話し手や、英語の話し手に見立てたスピーカー、そして音楽(BGM)を流すスピーカーを3方に置き、それらの声や音を聞き分けるデモを披露した。

中国語、英語、音楽(BGM)を聞き分け、正しく翻訳するデモ
中国語、英語、音楽(BGM)を聞き分け、正しく翻訳するデモ
[画像のクリックで拡大表示]