PR

 ドイツDaimler社は2015年8月28日、「フランクフルトモーターショー」(一般公開日9月17~27日)に新型「smart fortwo cabrio」を出展すると発表した。折りたたみ式の布製ソフトトップと、取り外し可能なルーフバーを備えた2シーターのオープンカーとなる。2016年2月に発売する予定で、2015年11月半ばから予約を受け付ける。

 車体寸法は全長2690×全幅1660×全高1550mm。ソフトトップは、外側が耐光性アクリル繊維、内側がポリエステルと綿の混紡。中間にゴム層を挟んでおり、厚さは20mmとなる。外側はデニム生地のようなブルー、赤、黒の3色を用意した。ヘッドライナーはいずれもグレーとなる。

 ソフトトップを閉めたクーペスタイルのほか、サンルーフのようにソフトトップをルーフ部分のみ開ける、または完全にシートの後ろに折り畳むという三つのスタイルに変更できる。ソフトトップを折り畳むと両側のルーフバーは取り外すことができ、外したルーフバーは荷室に収納できる。開閉は自動で、走行中でも12秒で開く。車内スイッチのほかキースイッチでリモコン操作もでき、車外にいてもソフトトップの開閉が可能。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料