PR

 2017年1月13日、任天堂は新しい据置型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」に関する発表会を都内で開催し、具体的な発売日や価格、機能などを明らかにした(関連記事:「任天堂の新型機、3月3日に約3万円で発売、詳細機能も明らかに」、「任天堂が「Switch」の実機を公開、ハード仕様も明らかに」)。同年3月3日に2万9980円(税別)で発売する。任天堂はSwitch について、2016年10月に製品名や外観、機能の一部を明らかにしていたが、これまで詳細については明かしていなかった。

2017年1月に開催された発表会でSwitchをアピールする任天堂 代表取締役社長の君島達己氏
2017年1月に開催された発表会でSwitchをアピールする任天堂 代表取締役社長の君島達己氏
[画像のクリックで拡大表示]

「テレビの前でも、テレビを離れてもゲームを楽しめる」

 Switchの最大の特徴は、据置型でありながら、携帯型ゲーム機のように持ち歩けること。本体はタブレット端末のような形状で、家庭では、テレビなどの外部ディスプレーとHDMIで接続されたドック「Nintendo Switchドック」に挿して利用する。本体の左右両側には、それぞれ着脱可能なコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」を設ける。外すと2つの独立したコントローラーとしても機能する。「Joy-Conグリップ」と呼ぶホルダーに左右のJoy-Conを取り付けて、1つのコントローラーとしても利用できる。

2017年1月の発表会の会場そばに設けた体験会場
2017年1月の発表会の会場そばに設けた体験会場
[画像のクリックで拡大表示]