PR

 2017年3月3日に任天堂が発売する新型据置型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。ゲームソフト不足による苦戦も予想されるが、任天堂らしい独自機能を多数取り入れており、大化けする可能性も秘めている(関連記事:「Switchで挽回なるか任天堂、逆ザヤは解消、ソフト不足に不安」、「Nintendo Switch、最大の敵はソフト不足と教訓を生かさない任天堂」)。その象徴的な存在が、2つで一組の新型コントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」である。そもそも任天堂は、携帯ゲーム機の「DS」でタッチパネル操作、Wiiで加速度センサーによるモーションコントロールと、当時民生機器では珍しかった電子部品を操作部分に採用してきた。そしてその機能を活用したゲームソフトを出すことで、大ヒットにつなげた成功体験がある。

「Nintendo Switch」。本体を携帯可能にして3つの異なるモードでの遊び方を提案する
「Nintendo Switch」。本体を携帯可能にして3つの異なるモードでの遊び方を提案する
[画像のクリックで拡大表示]

 それだけに、任天堂は2017年1月13日の発表会でも、Joy-Conの機能や使い方などの説明に長い時間を割いた。開発段階でも任天堂は、Joy-Conを「虎の子」として、外部のゲーム開発者に対してしばらく存在を隠していたという。それだけ大事にしていたとも言えるが、その結果、開発者の多くはJoy-Conを活用したゲームを開発する十分な期間が得られなかった。これがローンチタイトルの不足やサードパーティ製ソフトの状況がハッキリしない一因となっているようだ。

2つで一組の新型コントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」。本体の側面やJoy-Conグリップに取り付けても使える
2つで一組の新型コントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」。本体の側面やJoy-Conグリップに取り付けても使える
[画像のクリックで拡大表示]