PR

東京電力ホールディングスと原子力損害賠償・廃炉等支援機構が3月22日に発表した再建計画の骨子。当初、1月を予定した公表が3月までずれ込んだ。遅れの背景には、中部電力と共同で設立した火力発電事業を担うJERAの存在がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い