PR

薬剤師がどう使うか

 かかりつけ薬剤師制度では、患者の服薬状況を一元的に管理することが求められ、残薬管理も課せられている。お薬手帳プラスが備える「カレンダー機能」(本会員のみ)は、この点にも役立っていると日本調剤は語る。

 カレンダー機能は、患者が薬の飲み忘れを防止するための機能。処方された薬それぞれに対して事前に服用タイミングや服用間隔を入力し、飲み忘れチェックを設定しておくと、カレンダーに服用タイミングが表示されるとともに、アラーム通知してくれる。服用したことを入力すれば、カレンダー上で服用状況を確認できるようになっている。

 これが、薬剤師にとっても残薬管理に役立つというわけだ。「残薬確認は通常、患者が来局した際に聞き取り確認するか、現物を持参してもらってチェックしている。しかし、カレンダー機能を使うと、患者の服用状況を基にした聞き取りよりも正確、効率的に残薬を確認できる。服用できない原因を明らかにしたり、残薬を減少したりするために役立てられる」(日本調剤 事業開発部 係長・薬剤師の木村慶彦氏)。

 今後、ますます普及が進むであろう電子お薬手帳。お薬手帳を電子化する意味は、当然ながら紙のお薬手帳の代替だけではない。どちらを使うかは患者の選択だが、電子化の価値を患者目線で考え、かつサービス提供側が新たなシーズを提供できるところがシェアを伸ばしていくだろう。そこで真価を問われるのは、電子お薬手帳というツールそのものではなく、そのツールを活用して患者に価値を提供できる薬剤師なのではないだろうか。