PR

東京電力ホールディングスとNTTが折半出資で新会社を設立する。かつて通信市場で戦った両社が、電力市場で手を組み、VPP(バーチャル・パワー・プラント)基盤を構築するという。電力自由化後も静観を決め込んでいたNTTが動いたのはなぜか。新会社設立の背景にある思惑とは。

この記事は日経エネルギーNext購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料