PR

ついに九州電力が太陽光発電の出力制御に踏み切った。電力需要が小さくなる秋は、晴天で太陽光の発電量が増えると需給バランスが保てなくなるためだ。「原子力を止めるべきでは」「蓄電池は使えないのか」といった声もある中、出力抑制を回避する道はなかったのか。九電が太陽光を生かすべく取ってきた対策とは。

この記事は日経エネルギーNext購読者限定です