PR

今年も冬場が近づいてきた。卸電力市場は今冬も、昨冬や今夏のような高騰に見舞われるのだろうか。電力・ガス取引監視等委員会は、一部の大手電力が燃料不足を回避するために実施する「燃料制約」がこれまでの高騰の一因であったことを明かした。高騰を抑えるため、燃料制約に合理的な行動の徹底を求めていくという。

この記事は日経エネルギーNext購読者限定です