PR

電力全面自由化からちょうど2年が経過した。新電力は480社に増え、主要な電力調達先である卸電力市場の重みが増している。一方、夏冬の価格高騰など、市場の恐ろしさを知った新電力も多いだろう。市場の課題と今後の展望を、市場監視のトップである八田達夫電力・ガス取引監視等委員会委員長に聞いた。

この記事は日経エネルギーNext購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料