PR

6月、東京エリアと東北エリアが市場分断するという珍しい現象が発生した。普段は同じ価格がつく両エリアの価格と約定量の差が明らかに。ここから大手電力が自主的取組の一環で実施している「グロスビディング」の影響について考える。市場価格に中立と言われるグロスビディングだが、それは本当だろうか。

この記事は日経エネルギーNext購読者限定です


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料