PR
全面カバーを外し、フレキシブル基板を露出させた状態のViveをかぶるU記者(モデルとして)
全面カバーを外し、フレキシブル基板を露出させた状態のViveをかぶるU記者(モデルとして)
[画像のクリックで拡大表示]
前回

 U記者をモデルにするのはさておき、VR用HMD「Vive」の分解を続ける。本体内部のフレキシブル基板を拝めたのはいいが、ここから先、どのように分解を続ければいいか。HMDを分解した経験はあるものの、基本的にスマートフォンやタブレット端末、ウエアラブル端末の分解がほとんどなので、少々戸惑う。

 フレキシブル基板が張り巡らされた本体前面側にいくつかネジが見えたので外してみる。しかし、本体は開かない。もしかしたら、フレキシブル基板の下、つまり同基板を張り付けている相手側に、ネジが隠れているかもしれない。そこでフレキシブル基板を剥がそうとするものの、接着されており、なかなかとれない。

 そこで一旦あきらめて、今度はレンズがある本体背面側に突破口がないか調べる。どうやら顔が接する部分にあるスポンジ状の緩衝材が着脱可能のようだ。外すと、シールのような部材がある。これを剥がすと、下からネジが出てきた。このネジを外し、さらに本体側頭部の内側に見えるネジも外す。

 そして、HMD本体が開かないか力を入れると、外光を遮るカバー部が外すことができた。次に、このカバー部を固定していた、レンズ周囲にあった部材も取る。

外光を遮るカバーを外す
外光を遮るカバーを外す
[画像のクリックで拡大表示]
カバー部を固定していた、レンズ周囲にあった部材も取る
カバー部を固定していた、レンズ周囲にあった部材も取る
[画像のクリックで拡大表示]