PR

病院に行きづらい男性の背中を押す

リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 プロダクトデザインユニット ビジネス開発グループの入澤諒氏
リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 プロダクトデザインユニット ビジネス開発グループの入澤諒氏
[画像のクリックで拡大表示]
 そもそも、これまでの妊活支援は、なぜ女性にアプローチするものばかりだったのか。一つは、「妊娠は女性の体のことだからという意識があったからではないか」と、リクルートライフスタイル ネットビジネス本部 プロダクトデザインユニット ビジネス開発グループの入澤諒氏は見る。そのため、治療に至るまでのアプローチも女性側に寄ってしまっていたのではないかというのだ。

 さらに、男性不妊を治療できる医師が「国内に100人もいないほど少ないこと」を入澤氏は挙げる。男性不妊自体が十分に認知されず、女性主導の妊活が根付いてしまった可能性があるという。

 しかし、不妊は決して女性だけの問題ではない。WHOの調査によると、不妊原因が男性のみにある場合が24%、男女両方にある場合が24%で、不妊原因の約半数が男性側にあることがわかっている。

 そこでSeemは、「不妊治療が必要な男性が病院に行くための“きっかけ”を与える」(入澤氏)ことを狙って開発した。精子の検査は婦人科や泌尿器科で行うことができるものの、病院で不妊検査を受けることは、男性にとって心理的負担が大きい。そこで、いきなり病院に行く前に、まずは自宅でSeemを使用してもらい、その上で病院へ行くという導線を作れないかと考えたのだ。不妊治療を行う前の「将来子どもが欲しいと願う男性全員に使ってほしい」と同氏は語る。

 もっとも、自宅にいながら簡易的に精子を検査するキットはこれまで全くなかったわけではない。代表的なものに、精子を郵送する検査キットや精子を目視で確認するキットがある。ただし、それぞれのキットには課題があった。まず郵送するキットでは、検査までに時間がかかるため、濃度は測れるものの運動率を測定することができなかった。

 一方、目視で確認する検査キットの場合は、利用者が基準値と定量的に比較することが難しかった。動画1を見てほしい。精子が動いていることが確認できるが、この動画に映っている精子は「濃度1060万/ml」「運動率33.3%」。WHOが定めた基準値である「濃度1500万/ml」「運動率40%」を下回っているため、実は動きが悪い結果なのだ。これを見分けるには熟練の技術が必要となるため、目視での判断は素人には難しいことがわかる。

動画1●Seemで撮影した「濃度1060万/ml」「運動率33.3%」の精子動画
(動画提供:リクルートライフスタイル)
動画2●Seemで撮影した「濃度1億9810万/ml」「運動率50%」の精子動画
(動画提供:リクルートライフスタイル)

 Seemは、これら従来キットの課題を解決し、知識がなくても誰もが簡単に濃度と運動率を調べられるようにしたわけだ。