PR

開かないネジ、外れないプラスチック

 さらに、SUDを扱うに当たって難しいのは、「もともと“使い捨て”を想定して作られているため、簡単に分解できないこと」だと佐々木氏は指摘する。再製造することを前提として作られているものは簡単に分解できるようになっているが、SUDはそうではない。例えば、ネジが開けられないようになっていたり、プラスチックがボンド接着されていたりと、うまく分解できないようになっているという。

回収した医療機器を仕分けて分解している様子(提供:ホギメディカル)
回収した医療機器を仕分けて分解している様子(提供:ホギメディカル)
[画像のクリックで拡大表示]

 製品によっては隙間が空いているために、一度使用すると内部に血液などが入り込んでしまうものもあるという。単回の使用には問題ないが、複数回使用するためには、「分解してきちんと洗浄する必要がある」と佐々木氏は話す。