PR

実世界の情報が網羅的に取得されるようになるということがIoT(Internet of Things)のインパクトの一つであるが、その中でも位置や地理空間についての情報、いわゆるG空間情報は、様々な応用分野にとって基盤的な価値を持つ。G空間情報の取得や活用のための技術や概念として、屋内外測位や実世界モデリング(三次元モデリングやSLAM(Simultaneous Localization And Mapping)を含む)、MAR(MR(複合現実)及びAR(拡張現実))等がある。筆者らはそれを「G空間コンピューティング」と呼ぶとともに、そのIoTとの境界領域を「G空間IoT」と呼んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する