PR

第2回のお題を発表

 3者によるプレゼンテーション後、審査を経て最優秀賞が発表された。選ばれたのは「飲み忘れゼロ!プロジェクト」。審査は「どのくらいイノベーティブであるかや、製薬企業のビジネスにフィットするかを基準とした。将来性やインパクトを評価し、全会一致で決定した」(審査員の1人、バイエル薬品 オープンイノベーションセンター センター長の高橋俊一氏)。

 発表会では、2016年7月上旬に募集を始める第2回のお題も発表した。「ベターライフのための革新的なモニタリングソリューション」がそれ。家庭でもバイタルデータを取れるようになってきたことで「患者が自分でデータを取り、健康管理できる時代が来る」(バイエル薬品 オープンイノベーションセンター R&Dアドバンストアナリティクス&デジタルヘルスイノベーション マネジャーの菊池紀広氏)ことを受けたもの。疾病の早期発見や管理、女性の健康支援などにつながるアイデアを広く募る。応募締め切りは2016年7月29日、最終選考を同年9月に予定している。

ファイナリストと主催者で記念撮影
ファイナリストと主催者で記念撮影
[画像のクリックで拡大表示]