PR

 日本原子力学会は、事故後「福島第一原子力発電所事に関する事故調査委員会」(以下、学会事故調)を組織。調査報告をまとめた報告書を2014年3月に出版している。まずは、同報告書(学会事故調報告書)を見てみよう。筆者が同報告書の大きな問題と考えている点に、学会の専門家が有しているはずの能力を十分に生かしていないことがある。東電が未検討の未解決問題(2号機格納容器プール上部空間の損傷原因、1~4号機格納容器プール壁損傷原因と時期、1~4号機原子炉建屋・タービン建屋への地下水流入の原因と経路、苛酷炉心損傷事故計算コードシステムMAAPの信頼性と従来解釈の妥当性など)については、他の事故調と同様に触れておらず、東電事故調報告書などの記載内容の再検討に留まっている。実験や計算などを通してもっとできることがあるはずだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
>>詳しくは

登録会員(無料)が読めるお薦め記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)