緊張の悪影響を可視化 「メンタル」制御への一歩 

 柏野氏が実際の試合で登板した際に記録した、メンタル由来の心拍数の上昇分。正確には、運動量から予測される心拍数(baseline)と実測心拍数の差分。登板時には緊張によって60bpmも上昇しており、身体が思うように動かない状態であったことが分かる(図:NTT)
柏野氏が実際の試合で登板した際に記録した、メンタル由来の心拍数の上昇分。正確には、運動量から予測される心拍数(baseline)と実測心拍数の差分。登板時には緊張によって60bpmも上昇しており、身体が思うように動かない状態であったことが分かる(図:NTT)

カーソルキー(←/→)でも操作できます