Bリーグ川崎、データ駆使でケガ「ゼロ」への挑戦

 練習での選手ごとのプレーヤーロード(赤い棒グラフ)と、acute(過去1週間のプレーヤーロードの平均)をChronic(過去4週間のプレーヤーロードの平均)で割った値(水色の点)。水色の点を0.8~1.3の間に収めるように練習をコントロールしている(図:川崎ブレイブサンダース)
練習での選手ごとのプレーヤーロード(赤い棒グラフ)と、acute(過去1週間のプレーヤーロードの平均)をChronic(過去4週間のプレーヤーロードの平均)で割った値(水色の点)。水色の点を0.8~1.3の間に収めるように練習をコントロールしている(図:川崎ブレイブサンダース)

カーソルキー(←/→)でも操作できます