調整力のコストが顕在化も

 一方で、短期的な出力変動に備えて、再エネ電源自身も一定の調整力を具備すべきという意見がある。これは、海外の事例でみられ、系統接続要件(グリッドコード)として整備されている。風力発電から、出力抑制、出力変化率制限などの調整機能が求められるようになり、順次、太陽光などにも反映されることになるだろう。具体的には蓄電池を備えて、急激な変動を緩和するような措置が講じられるかもしれない。

 いまは、「FITインバランス特例制度」のもと、そのコストは再エネ事業者が負担しなくて良いことになっていることは知っておくべきだろう。

いかに安定した「買い手」を見つけるか

 太陽光発電の電気の価値を考えるにあたってのポイントを解説した。電気としての価値、非化石価値、不安定電源であることのマイナス価値。これらを全て考慮して、太陽光電気の価値が決まる。JPEXが示すように、その価値は時間によっても、異なる。

 従って、買い手によっても、購入できる価格は異なることが予想される。取引形態も一律の固定価格でなく、時間ごとに変化する市場連動性の値付けもありうるかもしれない。

 一方、需要と供給の関係での影響もあるだろう。将来的に電力需要が減少する可能性があるが、FIT切れの太陽光、風力、バイオマス発電設備がマーケットにあふれた場合、一時的に誰も太陽光電気を欲しがらないという事態もあるかもしれない。安定した買い手を確保することも重要となるだろう。