PR

日本でも「グリーンボンド」に脚光

 資金ニーズに応じて資金調達方法も多様化している。コーポレートファイナンス、プロジェクトファイナンス(TK-GKスキーム、ESCO型ファイナンス)、グリーンボンド、エクイティファイナンスなど多くの方法が採用されている。そのなかで、新しい潮流が「グリーンボンド」「メザニンファイナンス」の手法に見られる。以下、この2つの手法について解説する。

 近年は、ESG(環境・社会・企業統治)に配慮した投資の流れから、環境関連ファイナンス残高を増やすことに関し、多くの金融機関が積極的である。そのなかで、グリーンボンドの発行はそのひとつである。

 グリーンボンドは、企業や自治体などが発行する環境負荷を低減するプロジェクトに対する用途に使用される債券である。

 グリーンボンドは、ESG投資に積極的な世界の金融機関が資金供給するため、大規模なプロジェクトに対し比較的有利な条件で資金を調達できる。欧米の金融業界で先行して活用され、日本もそれに追随する動きがある(図2)。

図2●国内におけるグリーンボンドの例(出所:三菱UFJリース 「リース会社初となる国内公募形式のグリーンボンド発行に関するお知らせ」)
図2●国内におけるグリーンボンドの例(出所:三菱UFJリース 「リース会社初となる国内公募形式のグリーンボンド発行に関するお知らせ」)
[画像のクリックで拡大表示]