PR
自動運転向けのAIボード。FPGAを2つ搭載する。
自動運転向けのAIボード。FPGAを2つ搭載する。
[画像のクリックで拡大表示]
一方のFPGAが物体認識、もう一方が空間認識や経路探索を担う。
一方のFPGAが物体認識、もう一方が空間認識や経路探索を担う。
[画像のクリックで拡大表示]

 OKIグループの設計受託企業であるOKIアイディエスは、技術商社大手のアヴネットと共同でレベル4~5の自動運転車に向けた人工知能(AI)コンピューターボードを開発した(リリース)。2018年2月からアヴネットが国内で販売する。将来的にはアジアにも販路を広げる。ボードは開発・評価用であり、実際のシステム開発をOKIアイディエスが受託する。

 ボードはA4サイズで、米Xilinx社製のFPGA「Zynq UltraScale+ MPSoC」を二つ搭載する。一方のFPGAが自動運転で必要になる物体認識、もう一方が空間認識や経路探索を担う。二つのFPGAはそれぞれ独立した電源ICを持ち、ASIL-D対応のマイコンが各FPGAの動作を監視する。故障時には故障したFPGAのみを停止することで自動運転の安全性を高められるという。ボードは20層基板を使い、12Vの車載電源で動作する。

 消費電力はFPGAに組み込むIPによって変わるが、最大で40W程度であり、現行のGPUに比べて同等の処理性能を維持しながら消費電力を約1/5にできるという。約800m先の障害物を検知できる前方監視用の800万画素のマルチカメラなど、最大12個のセンサーを接続できる高速インターフェースを備える。

 販売するボードにはFPGAに組み込むIPは含まれていない。現状では先進運転支援システム(ADAS)向けのIPを手がけるクロアチアXylon社のIPや、Xilinx社のパートナー企業のIP、顧客企業のIPなどを組み込むことを想定する。また、AIを使った開発環境としてXilinx社の「reVISION Stack」も提供する。

 ボードはアヴネットがコンセプトや企画を、OKIアイディエスが設計や製造を担当した。商品名は現時点では未定。価格は約150万円を想定する。2018年1月17~19日に東京ビッグサイトで開催する「第10回オートモーティブワールド2018」に展示する。