PR

住友ベークライトは、特定波長の光を吸収しつつ近赤外線を透過させるシート材を開発し、「オートモーティブワールド 2018」(2018年1月17~19日、東京ビッグサイト)でデモを披露した。赤外線カメラのフィルターとして使えば、映像の“白飛び”を減らす効果が期待できる。赤外線センサーに使えばノイズを減らして検知性能を高められる。2019年の量産を見込み、納入先の企業にて性能を評価中だ。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する