PR

 米Intel社は、各種の深層学習フレームワークで作成したDNN(ディープニューラルネットワーク)のモデルを相互に変換した利用可能にするためのフォーマット「Open Neural Network Exchange(ONNX)」に対応すると2017年10月10日に発表した。同社が開発する深層学習フレームワーク「neon」で記述したモデルを、他のフレームワークのモデルに変換したり、その逆ができるようになる。ONNXは米Facebook社と米Microsoft社が2017年9月に発表したオープンソースのフォーマット。これまでにFacebook社が手掛ける「PyTorch」、「Caffe2」、Microsoft社が開発する「Cognitive Toolkit」が対応を表明済みである。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)