PR

 トヨタ自動車は2017年10月19日、神戸製鋼所が品質データを改ざんしたアルミニウム(Al)合金の板材を使用している車両について、安全性や耐久性に関する関連法規や同社の規格を満たしていることを確認したと発表した。

 安全性を確認したAl合金の板材はトヨタが直接購入したものに加えて、取引先の部品メーカーが購入したものである(図)。同社はこれらの板材を、一部車種のフロントフードやバックドアなどに使用している。

車両への影響の確認状況(10月19日時点)
図 車両への影響の確認状況(10月19日時点)
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年10月8日に神戸製鋼のデータ偽装が発覚して以降、神戸製鋼が保有していた過去3年分のデータを使い、トヨタが定める仕様から最も外れている数値を基に、強度や耐久性を調べた。その結果、安全性や耐久性に問題がないことを確認できたという。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い