PR

 “テクノロジーの民主化”が新たな福祉の形を生み出そうとしている。これまで福祉と言えば、当事者や福祉工学など“専門家”だけの世界だった。しかし、昨今、福祉を新たな主戦場としてメーカーや技術者が多数参入しているばかりでなく、より多くの人々が参画するようになったことに起因する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い