PR

米Autodesk社は2017年11月15日、クラウドベースの3D-CAD「Fusion 360」に、3D-CAD「Autodesk Inventor」(同社)、「SOLIDWORKS」(フランスDassault Systemes社)のデータを取り込む「AnyCAD機能」を実装し、プレビュー版を同日から公開したことを発表した。AnyCADは、他のCADからデータを変換せずに読み込み、その形状をモデリング作業で参照できるようにする機能。2018年第1四半期には「PTC Creo」(米PTC社)、「NX」(米Siemens PLM Software社)にも対応する。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い