PR

 中央大学 理工学部 教授の竹内健氏の研究グループは、3次元(3D)NANDフラッシュメモリーのさらなる大容量化を可能にする技術を開発した。大容量で低コストな3D NANDフラッシュメモリーではシリコン基板に対して垂直方向への電荷の移動がメモリーセルの信頼性を劣化させることを明らかにし、その改善手法として、電荷移動を抑制する「Vth Nearing」を提案した。この手法を用いることにより、データ保持中のメモリーのエラーを40%削減し、メモリーのデータ保持時間を2.8倍に延ばすことに成功した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料