見学者は累計で1000人近くに

 「ユーラス六ヶ所ソーラーパーク」では、2015年10月の運転開始以来、見学者が1000人近くに達しているという。

 六ヶ所村商工観光課などを通じて同社に対して見学の申し入れがあり、説明対応した見学者は約500人。地元の小学校や企業のほか、六ヶ所村以外の自治体関係者などという。このほか、見学施設の利用者は、パンフレットの減り具合などから、数百人程度と見込まれるという。

 六ヶ所村観光協会では、今回のモニターツアーの評価などを参加者からヒアリングし、本格的に「エネルギーツーリズム」を商品化していく方針だ。そうなれば、目玉である「日本最大のメガソーラー」への見学者はいっそう増加することになりそうだ(関連記事)。

●施設の概要
発電所名ユーラス六ヶ所ソーラーパーク
発電事業者ユーラス六ヶ所太陽光(青森県上北郡六ヶ所村)
事業開発者ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区)
土地所有者県の出資する第3セクター
所在地千歳平北サイト・青森県上北郡六ヶ所村大字倉内字笹崎、鷹架サイト・同村大字鷹架
敷地面積約253ha
出力太陽光パネル設置容量・約148MW(千歳平北サイト・約69MW、鷹架サイト・約79MW)、連系出力・115MW
太陽光パネル千歳平北サイト・サンパワー製単結晶シリコン型(327W/枚・21万1200枚)、鷹架サイト・三菱電機製単結晶シリコン型(261W/枚・30万2400枚)
パワーコンディショナー(PCS)東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製(500kW機・230台)
EPC(設計・調達・施工)清水建設
O&M(運営・保守)ユーラス テクニカル サービス(東京都港区)
着工年月2013年8月
営業運転開始2015年10月