「雪下ろし」を検討

 アレイ上端の雪が滑り、日が当たったとしても、ほとんどのストリング(パネルの直列回路)が途切れているため、発電量はなかなか伸びないことが分かってきた。

 そこで、IDEC S&Cでは、複数台のウェブカメラを設置して、積雪の状況を遠隔でモニタリングし、パネル上の雪下しを依頼することを検討しているという。地元の建設会社に相談したところ、積雪後は、建設現場が休業になるため、対応できそうという。

 メガソーラーの積雪対策に関しては、設置角と設置高を大きくとって、自然に滑り落とす、という方式が一般的。だが、「アーク三次太陽光発電所」のように、設置枚数を優先して、設置角と設置高を小さくし、積雪時に人手で雪下ろしをする、という考え方もある(関連記事)。

 雪国のメガソーラーの設計や運営方法に関しては、費用対効果の視点から、試行錯誤が続いている。特別高圧連系する大規模なメガソーラーで、「雪下ろし」を採用するケースは珍しいだけに、貴重なノウハウが蓄積されそうだ。

●設備の概要
発電所名アーク三次太陽光発電所
住所広島県三次市君田町藤兼字棒地10019-1
発電事業者アーク不動産
土地所有者アーク不動産
設置面積26万9947m2
出力連系出力・10.5MW、太陽光パネル容量・13.152MW
年間予想発電量1285万kWh
EPC(設計・調達・施工)サービスIDECシステムズ&コントロールズ
O&M(運用・保守)サービスIDECシステムズ&コントロールズ
太陽光パネル京セラ製(275W/枚・4万7828枚)
パワーコンディショナー(PCS)東芝三菱電機産業システム(TMEIC製)
架台ダイネツ商事(日新製鋼製・溶融亜鉛-アルミニウム-マグネシウム合金めっき鋼板ZAM)
着工日2015年10月1日
稼働日2017年11月27日
売電単価36円/kWh