この接続箱関連の工程も改善した(図13)。当初は、太陽光パネルとともに、接続箱もフロートに固定してから、船で引いていた。しかし、最後列の接続箱以外は、接続箱の下に、後ろの列の接続箱からの送電ケーブルを配置する。最初から接続箱が固定されていると、送電ケーブルを接続箱の下に固定する作業の効率が悪くなる。

[画像のクリックで拡大表示]
図13●稼働済みの長池西の接続箱、送電ケーブルの配置
[画像のクリックで拡大表示]
図13●稼働済みの長池西の接続箱、送電ケーブルの配置
[画像のクリックで拡大表示]
図13●稼働済みの長池西の接続箱、送電ケーブルの配置
施工中の長池東とは、接続箱、送電ケーブルの配置が異なる。長池東では、送電ケーブルの総延長を短縮する配置などに変えた(出所:日経BP)

 この配線の作業の効率を上げるため、足場で接続箱は固定せず、送電ケーブルの接続と、接続箱の固定を一体化した手法に変えた。

 まず、最後列の接続箱を固定し、送電ケーブルを前の列のフロートに固定する。次に、その前の列で、同じ作業をする。この作業を、最前列まで繰り返す。

 足場での組み立てと、接続箱の配線の工程などの改善により、現在は、1カ月間で約500kWの発電設備を施工できるようになっている。

 船上やフロート上での作業(図14)は、夏は涼しくて良いが、冬は風が避けられないため、より寒さを感じる環境になるという。また、雨の日には、フロートが濡れ、足元が滑りやすくなるため、とくに留意する。

[画像のクリックで拡大表示]
図14●船上やフロート上では、ライフジャケットを着る
図14●船上やフロート上では、ライフジャケットを着る
地上設置型にはない留意点も(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
●発電所の概要
発電所名河原山池水上太陽光発電所
所在地兵庫県稲美町(河原山池)
設置面積1万5943m2(水面面積の約23%)
発電事業者二川工業製作所(兵庫県加古川市)
水面賃貸者天満大池土地改良区
太陽光パネル容量約1.428MW
パワーコンディショナー(PCS)定格出力1.25MW
年間予想発電量約171万kWh(一般家庭約475世帯分の消費電力に相当)
EPC(設計・調達・施工)サービス美樹工業(兵庫県姫路市)
太陽光パネルシャープ製(水上専用の受注生産品、出力250W/枚、5712枚)
PCS東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製
フロートフランスのシエル・テール・インターナショナル製
着工2015年7月
売電開始2015年12月
買取価格(税抜き)32円/kWh