特に留意したのは、土砂と雨水の流出だった。メガソーラーと川の間には、田んぼがある。メガソーラーの建設にあたって、近隣の田んぼなどに、土砂を一切流さないこと、過剰な雨水の流出がないことが条件だったという。

 ただし、敷地内の土は、水はけが悪く、雨が降れば水たまりができやすい。台風や大雨によって、時間あたりの降雨量が多くなる時には、敷地外に流出する恐れが高くなる。

 まず、施工時には、造成の進み具合に応じて、適切な位置に沈砂池や調整池を作り、土砂や雨水の流出を防いだ(図3)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
図3●造成の進み具合に応じて、適切な位置と大きさの池を作っていった
図3●造成の進み具合に応じて、適切な位置と大きさの池を作っていった
南と北から中央に向けて造成を進めた。パネルが配置される途中の様子からもわかる(出所:京セラTCLソーラー)
[画像のクリックで拡大表示]

 造成の段階によって、土砂や雨水の流れる経路は変わる。このため、こまめに池の位置や大きさを変えていった。造成が進むことで、当初に作った池は必要なくなり、工事中のみ存在していた池もある。

 造成は南と北からはじめ、中央に向けて進めた。これも、近隣地域に流出させないための工夫だった。

 中央から北や南に向けて進めていった場合、北や南のそれぞれの方向に流出してしまう可能性が高まる。北や南から中央に向けて造成を進めていけば、流れたとしても中央にたまるので、近隣に流れ出す恐れを低くできる。

 完成後には、3カ所の大きな調整池が配置されている(図4)。こうして施工時、運用時の状況の違いに合わせて対応策を変え、土砂が敷地外に流れ出ないように徹底している。

図4●最も大きな調整池
[画像のクリックで拡大表示]
図4●最も大きな調整池
[画像のクリックで拡大表示]
図4●最も大きな調整池
大きな法面の下に設けた(出所:日経BP)