最近では、現地でEL検査を実施する企業が出てきてはいる。だが、検査作業の負担を考え、抜き取り検査が一般的で、全量を検査する例は珍しい。

 初めて全量をEL検査した約1MWのメガソーラーでは、1カ月以上を要したという。担当者は、この作業に没頭することになる。その後の工夫で、現在では1日に約300枚をEL検査できるようになった。それでも、1MW分の全品検査には約3週間かかるという。

 太陽光パネルメーカーとは、パネル納入時の検収条件をあらかじめ決めておく。マイクロクラックに関しては、「一定の長さで45度以上の角度の場合は不良」、「バスバーが起点になっていたり、バスバーを横断していた場合は不良」、「二つのマイクロクラックがクロスしている場合は不良」といった具合である。この判断に、現地でのEL検査の結果を使う。

 現地でEL検査し、検収条件に基づいて、「不良」と判定したパネルを返品すると、パネルメーカーは返品の多さに驚くという。最初の納品分の返品率が約20%に上った案件もある。この案件では、再納品分の返品率は約0.5%まで改善した。

●発電所の概要
発電所名束稲太陽光発電所
所在地岩手県一関市東山町田河津
敷地面積約4万m2
発電事業者エプセム(埼玉県川口市)
出力約2.2MW
年間予想発電量約125万kWh
設計・施工エプセム
調達サンデン商事(東京都港区)
O&M(運用・保守)エプセム
太陽光パネル東芝製
パワーコンディショナー(PCS)東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製
投資額約6億2000万円
売電開始時期2014年9月
買取価格40円/kWh(税抜き)