アリの侵入、パテに穴を空ける?

 アリが侵入し、短絡していた例もある(図4)。遠隔監視システムの外付け用の筐体内で見つかった。ただし、アリの侵入は、配線穴をパテでしっかり埋めていた発電所でも、生じていた場合があるという(図4下)。

[画像のクリックで拡大表示]
図4●遠隔監視システムの筐体内にアリが侵入
図4●遠隔監視システムの筐体内にアリが侵入
上はパテ埋めされていなかったが、下はパテ埋めされていた。アリが侵食して入り込んだと見られる(出所:エネテク)
[画像のクリックで拡大表示]

 侵入したアリが端子などに触れることで短絡し、遠隔監視が停止した場合もあった。

 どのようにして侵入したのだろうか。

 エネテクによると、パテの損傷の様子から、アリが侵食して穴をあけた可能性もあるという。

【エネテクによるトラブル・シューティング】