【鬼怒川氾濫】架台が分解しなかった低圧、脆弱だった高圧の差はどこに

図7●南側の杭と支柱に対して、三角形状の安定した構造が施されていない メガソーラー側。構造が不安定となり、引っ張り応力や圧縮応力に対して弱くなる恐れがある。9月12日午後に撮影(出所:日経BP)
図7●南側の杭と支柱に対して、三角形状の安定した構造が施されていない
メガソーラー側。構造が不安定となり、引っ張り応力や圧縮応力に対して弱くなる恐れがある。9月12日午後に撮影(出所:日経BP)

カーソルキー(←/→)でも操作できます