今回のメガソーラーでは、太陽光パネルが架台から外れていた場所が少なくない(図8)。これは、パネルと架台の固定方法に問題があったのではないかと予想している。

図8●パネルが架台から外れている場所も
図8●パネルが架台から外れている場所も
パネルと架台の固定方法に問題か。9月12日午後に撮影(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

パネルは「水抜き用の穴」で架台と固定

 低圧連系の三つの太陽光発電所は、泥が堆積している中に、基礎ごと浮き上がった架台や太陽光パネル、パワーコンディショナー(PCS)、さらに、流木などが交じり合い、まるで津波の被災地のような状況となっていた(図9)。

図9●泥が堆積している中に、基礎ごと浮き上がる
図9●泥が堆積している中に、基礎ごと浮き上がる
低圧連系の太陽光発電所。流木なども交じり合う。9月12日午後に撮影(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]