メガソーラー設計に「正解」はない

東原 事業者に対しては、勉強会やセミナー、意見交換会などを企画して情報を共有したり、助言したりすることを考えています。

一般社団法人・日本再生可能エネルギー事業者協議会(JSEC)の東原隆行代表理事
一般社団法人・日本再生可能エネルギー事業者協議会(JSEC)の東原隆行代表理事
(撮影:清水盟貴)

 実は、現時点でも「メガソーラー設計」には、これという正解はなく、事業者は悩みながら試行錯誤を続けています。例えば、買取価格の低下によって大規模に造成せずに地なりにパネルを設置する傾向が強まっていますが、運営後のメンテナンスや雨水管理を考えると、どちらが本当にコスト効率に優れるのか、難しいところです。

 現在の太陽光発電業界では、「kWいくら?」が、挨拶のようになってしまっているのも、短期志向の表れです。このままでは、「安かろう、悪かろう」が広がり、将来に禍根を残し兼ねません。長期的で持続可能なメガソーラーの建設や運営といった、議論のあるテーマに関し、互いに知見を出し合っていくことはたいへんに意義のあることです(関連記事:「FITからの自立は太陽光発電事業者の責務」、JSECの東原代表理事に聞く=後半)。