PR
表1◎損保ジャパン日本興亜ホールディングス傘下の介護関連企業
表1◎損保ジャパン日本興亜ホールディングス傘下の介護関連企業
[画像のクリックで拡大表示]

 損保ジャパン日本興亜ホールディングス(東京都新宿区)は2015年12月18日、高齢者住宅大手のメッセージ(岡山市南区)を買収すると発表した。2回にわたり公開株式買い付け(TOB)を実施し、メッセージ創業者で代表取締役会長の橋本俊明氏個人や資産管理会社、親族所有分の約34.7%を含む株式の取得を推進。出資比率を現在の3.5%から51%以上に引き上げ、連結子会社化する。取得価額は260億円以上を見込む。

 損保ジャパンHDは2015年12月にワタミの介護(2015年12月1日でSOMPOケアネクストに商号変更)の全株式を買収し100%子会社化。2012年に34%を出資し関連会社化したシダー(北九州市小倉北区)を含めると、グループ全体の介護事業の売上高は約1251億2700万円(2015年3月期)と、ニチイ学館(東京都千代田区)の約1444億円(同)に次ぐ業界2位の規模になる。