PR
[画像のクリックで拡大表示]

 医療法人みやうち(広島県廿日市市)は2016年5月1日、サービス付き高齢者向け住宅「ヴィラひまわり廿日市駅前」(32戸)を開設する。区画整理事業の一環で、JR廿日市駅から徒歩2分の商業用地に分譲マンションなどに隣接して建設される。

 4階建ての建物のうち3、4階部分をサ高住スペースとし、1階には認可保育園、通所介護事業所、薬局、2階に三つの診療所を併設する予定。通所介護事業所は、同法人の関連企業である(有)メディカルサービス廿日市(広島県廿日市市)が運営し、1日預かり型や半日型などのメニューを組み合わせた機能訓練特化型とする方針だ。

 サ高住の住戸は3タイプで広さは25.56~29.12m2。2人部屋を2戸設ける。浴室・トイレ・キッチンは全戸に完備。「比較的元気な人が駅前でさらに活動的な生活を送るために入居してもらいたい」(医療法人みやうち廿日市駅前開発準備室長の齊本昌三氏)という。

 月額利用料は家賃が8万5000~9万5000円、共益費が3万円、生活支援サービス費が3万2400円。食事(1日3食1944円)や家事援助(30分864円)などの選択サービスも用意する。