PR

 すしや弁当の製造販売などを行う小僧寿し(東京都中央区)は2016年6月13日、けあらぶ(東京都千代田区)の子会社化を発表した。取得価額は1500万円で、第三者割当増資を引き受け株式の50.0%を所有する。けあらぶは、全国通所介護事業者連絡会代表理事の藤田英明氏が社長を務め、高齢者向け婚活サイトや介護職の逆求人サイト、「お泊まりデイ」(2カ所)の運営などを手がけている。

 けあらぶは今後、小僧寿しと共同で「小僧の助(たすけ)」(仮称、通所介護事業所を想定)を開発する予定。利用者にすしなどの普通食や、独自開発の介護食を提供する方針だ。また、藤田氏のネットワークを利用して、他法人の介護事業所への商品宅配などの新事業も検討する。