PR

 2016年1月13~15日に東京ビッグサイトで開催された展示会「第2回 ウェアラブルEXPO」。眼鏡型や腕時計型など、趣向をこらしたウエアラブル端末に彩られた会場で、派手さはないが多くの来場者が足を止めていたのが、ウエア型の生体センシングデバイスやそれに向けた機能性繊維の展示だ(関連記事1)。「引き合いがすごい」。出展各社の担当者はこう口をそろえる。

 着用するだけで心拍や呼吸などの生体情報、動きや姿勢などの運動情報を手軽に計測できる――。ヘルスケアや医療、介護の姿を大きく変えそうな各社の展示品を、写真で見ていこう。

「COCOMI」を出展した東洋紡
「COCOMI」を出展した東洋紡
[画像のクリックで拡大表示]

 生体情報計測ウエアに適した機能性素材「COCOMI(心美)」を出展したのが、東洋紡。COCOMIはフィルム状の導電性素材で、約0.3mmという薄さや伸縮性の高さが特徴だ。心電などの生体情報を、低雑音で高精度に測れる。2017年度の発売を計画している。