PR

患者と医療者の双方にメリット

 庄司氏は福岡市と福岡市医師会、医療法人社団鉄祐会、インテグリティ・ヘルスケアが2017年4月に開始した「ICTを活用した『かかりつけ医』機能強化事業」を主導してきた。この実証事業には、福岡市内の複数の医療機関が参加。オンラインでの問診、診察、モニタリングという3つの仕組みで対面診療を補うことによって、かかりつけ機能を強化することを狙った。

JTTA Spring Conference 2018における、実証事業関係者によるパネルディスカッションの様子
JTTA Spring Conference 2018における、実証事業関係者によるパネルディスカッションの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 庄司氏はオンライン診療については当初、患者の利便性向上のためのものだと考えていたが、恩恵はそれだけではないと実感したと話す。「患者に関して得られるデータ量を増やし、双方向のコミュニケーションの質を高め、診療の質を高めることで対面診療を補完する」(同氏)という医療者側のメリットが明らかになってきた(関連記事2)。

 この間、実証に参加する医師が互いに知見を共有したり、課題を整理したりすることを目的に、数回の意見交換会を実施。ICTを用いて患者から事前に情報を得たうえで診察を行うことの意義や、オンライン診察の適切な対象、タイミングなどについて議論してきた。それらの内容は厚生労働省にも報告済みという。