PR

 自院の経営状態は、健全か。他院と比べた場合にはどうか。診療材料費や人件費などの原価計算から病院の経営を見える化し、他院のベンチマークもできる国立大学病院向け管理会計システム「HOMAS2」が2016年4月、稼働を始めた。42国立大学法人が運営する附属病院すべてで、運用される予定だ。

 HOMAS2は、2000年代半ばから各国立大学病院で運用されてきた「HOMAS(University HOspital Management Accounting System)」の後継システム。医療用データウェアハウスなどを手掛ける医用工学研究所(三重県)がシステム開発を担当した。

全国の国立大学病院から集い、HOMAS2の開発に携わったプロジェクトメンバー。前列中央が、プロジェクトを束ねる東京大学 医学部附属病院 事務部長の塩﨑英司氏
全国の国立大学病院から集い、HOMAS2の開発に携わったプロジェクトメンバー。前列中央が、プロジェクトを束ねる東京大学 医学部附属病院 事務部長の塩﨑英司氏
[画像のクリックで拡大表示]