PR

 どのような生活習慣のある人が“メタボ”になりやすいのか――。運動や食事の習慣、身体的特徴に関するデータを大規模に集め、その相関を明らかにする臨床研究を、早稲田大学が2016年7月に始動させた(ニュースリリース)。同大学 スポーツ科学学術院 教授の川上泰雄氏らのグループが主導する。

 この研究では、川上氏らとヘルスグリッドが共同開発し、ここにきて公開したiPhoneアプリ「メタボウォッチ」を活用する。医学・健康分野の研究を支援する目的で米Apple社が提供するオープンソースフレームワーク「ResearchKit」を使って開発したアプリだ。

早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授の川上泰雄氏(向かって右)と、早稲田大学 重点領域研究機構 持続型 食・農・バイオ研究所の田中史子氏(同左)
早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授の川上泰雄氏(向かって右)と、早稲田大学 重点領域研究機構 持続型 食・農・バイオ研究所の田中史子氏(同左)
[画像のクリックで拡大表示]

 研究では、幅広い年齢層や多様な生活習慣を持つ母集団から、iPhoneの活動計測機能などを利用して効率的にデータを収集。日本人の生活習慣と、身体の形態的特徴、メタボリックシンドロームやサルコペニア(加齢に伴う筋量・筋力の低下)などの相関を横断的に調べる。従来の小規模な臨床研究では得られなかった知見を得るとともに、メタボリックシンドロームやサルコペニアを予防する食事・運動プログラムを開発する狙いがある。生活習慣との関わりが深い「ロコモティブシンドロームや認知症の、リスク判定や予防法の開発にもつなげたい」(川上氏)。