PR
日機装 代表取締役社長の甲斐敏彦氏
日機装 代表取締役社長の甲斐敏彦氏
[画像のクリックで拡大表示]
 「外科手術に新しい旋風を巻き起こす」――。血液透析装置大手の日機装が、新たに外科手術用デバイスへ参入した。同社 代表取締役社長の甲斐敏彦氏は、成長が見込まれる医療分野で「血液透析以外の分野に事業を広げていきたい」と意気込む。「2025年には手術用デバイスの世界市場が4000億円規模になると予想される。2021年に世界市場に参入し、2025年には世界市場の25%にあたる1000億円を占めることを目標にしている」(同社 メディカル事業本部 市場開発部 部長の浅野 拓司氏)。

日機装 メディカル事業本部 市場開発部 部長の浅野 拓司氏
日機装 メディカル事業本部 市場開発部 部長の浅野 拓司氏
[画像のクリックで拡大表示]
 同社が市場投入するのは「外科手術用エネルギーデバイス」。外科手術において、組織の切除や止血を行う器具だ。今回、高周波電流や超音波を使う従来タイプとは原理が異なる、マイクロ波デバイスのエネルギーデバイス「Acrosurge(アクロサージ)」を開発。周辺組織に影響を与えない“焼きすぎない”病変切離と、高い止血性能を両立した。2016年8月から6カ所の医療機関で臨床試用を行い、2017年1月の発売を目指す。